• このエントリーをはてなブックマークに追加

固定的動作パターン(本能行動)

動物を考えてください。オスメスは互いに惹かれあい、つがいになり生殖行動を起こすように本能的に決まったパターンの行動をします。

スポンサーリンク

思考によってではなく、何も考えずに行動しているです。鮭が生まれ育った川に戻ってくるとか、よく知られている特定の行動を取るように、ある刺激に対して決まった行動をすることを固定的動作パターン(本能行動)といいます。

この固定的動作パターンは人間にも当てはまります。

人は、良いものを安く買いたいという心理が働き、同じものならできるだけ安いものを買うようにします。もともとそこには、「高いものイコール良いもの」という考えがあります。

日ごろの平均的な値段と比較して安すぎると、「これは何か怪しい、大丈夫なのか」と心配することになります。

高価なものは品質が良いものであると考え、例えば「100万円の宝石」と「50万円の宝石」では、「100万円の宝石」形も品質も大きさを50万円のものよりは間違いなく良いものであると思ってしまいます。

素人には宝石鑑定の技術はあまりないはずですが、人は「高いものイコール良いもの」と反射的に思ってしまいます。

これは固定的動作パターンの一種なのです。

この宝石ように値段が曖昧な商品は、固定的動作パターンを計算づくで、値段操作が行われているかもしれません。

値引き幅がやけに大きいものなどはその典型と思われます。

毎日のようにテレビで宣伝されている、ダイエット系のサプリメントなどはどうでしょうか。



同じ品質のサプリメントだとします。片方は3万円の値段が付いています。もう一方は、3千円だとします。どちらが効能があるように思えるでしょうか。

このような商品では値段の差でありがたみが違ってくるのです。

生命保険商品には値引きなどありません。

しかしよく今加入している生命保険料を下げたいという相談は多くあります。その人たちは、内容は今加入しているものと同じかそれ以上の範囲を保障してくれて、保険料は安く済ませたいといっているわけです。

しかしよく考えてみれば、「高いものイコール良いもの」なので、1000万円の保障より3000万円を保障する商品は、保険料は高くて当たり前だと理解しています。

保険種類と保険期間を検討すれば、お客さまの希望する保障を安い保険料で加入する可能性はあると説明することになります。

お客さまにとってみれば、内容の良く分からない生命保険という商品は、値段が曖昧な商品だという感覚で捉えている傾向があります。

家具や野菜など、ある程度値段の相場が決められている商品であっても、値段を上げるだけで高級感が出ます。品質が良い事が前提ですが、日本国内で売られている生命保険商品の品質はまったく問題のないものです。

宝石のように、値引きも値段操作もできませんが、人生の中の買い物としては、家の次に高価な買い物は生命保険です。

「高いものイコール良いもの」という風にお客さまは思っているわけですから、しっかりと説明をして高級志向な商品を提供するべきです。

そして高級商品を安く買えたというのは、私たちが与える情報によってそう思ってくれるのです。

相手にとって価値のある情報を与え、内容の充実したコンサルティングを繰り広げることで、他者との差別化を図ることは、自分自身がブランド商品として、他のブランドよりも圧倒的に高い値段のサービスを提供してくれるというイメージを与え、あなたを評価してもらえることになります。



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-14

    疲れは癖

    午前中と午後ではどちらの方が仕事の効率が良いか? 午前中のほうが、元気で爽やかで、頭の回転が良い…
  2. 2017-4-17

    第一生命、詐欺防止へ福岡市と協定

    第一生命保険は14日、営業職員を活用して、高齢者らの詐欺や悪質商法の被害を防止するための協定を福岡市…
  3. 2017-5-26

    生保、マイナス金利響く 前期 日生など11グループ減収

    主要生命保険会社15グループの2017年3月期連結決算が25日まとまった。 売上高に相当する保険料…
  4. 2018-8-21

    東京海上、中小企業社員向け保険

    ​東京海上日動火災保険と人材サービスのネオキャリア(東京・新宿)は、中小企業の従業員向けの保険商品や…
  5. 2018-1-4

    AIで生む営業戦力(生損保、事務にメス)

    ​​保険各社がデジタル技術による業務の見直しに動いている。 人工知能(AI)を使う技術や事務処理の…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る