5.人に頼みごとをするときは理由をつける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人に頼みごとをするときは理由をつけると成功しやすい」ということがあります。

「高いものイコール良いもの」という固定的動作パターンをお話しましたが、他にも、「人に頼みごとをするときは理由をつけると成功しやすい」ということがあります。

職場であなたがコピー機を使っているとします。

その時に別の担当者がやってきて、「先に使わせてください」と言われたとしたらどう思いますか。嫌な気持ちになりますし、この人はまったく礼儀を知らないなと怒り出すかもしれません。

スポンサーリンク


そんな場合は、先に使いたい理由を述べてお願いすることになるのですが、ただ急いでいるとかいうのではなく、具体的な理由を伝えます。「社長(上司)が緊急の会議で使いたい資料なのですぐ持って来いといわれました。」ときちんと伝えれば、承諾してもらえる確率は高いでしょう。

理由を付け加えると成功率は10割

ただ単に「急いでいるので先に使わせてください」と頼んだ時は成功率が6,7割だとすると、「○○の理由で急いでいる」と、理由を付け加えると成功率は10割に近くなります。

「理由のある頼みごとは引き受けないといけない」というのが、人の中にある固定的動作パターンということになります。

つまり理由をつけることができれば、人は納得して行動してくれるのです。

生命保険の営業の場面で、お客さまに行動を促すために理由をつけるということになると

例えば、「今ご加入の生命保険の内容を教えてください」というような頼みごとの場合、

「保障の範囲がかぶってしまうのは損ですので、おススメする保障内容をベストなものにするために」というような理由をつけます。

この時の理由は、「お客さまのためだから」のようなあいまいな表現でもかまわないのです。

ともかく頼みごとの前に、理由を付け加えるということを覚えてください。理由さえ付いていれば、人は納得して行動してくれます。

しかし、極端なお願いでは、人は異常を感じて固定的動作パターンに従って動いてはくれません。あくまでも常識の範囲では、人はこのような心理になるということです。

相手に会ったとたんに「あなたのためだから・・・、保険に入ってください」と言ったとしたら、相手は怒り出しますよね。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-8

    日経ウーマン「女性が活躍する会社」第一生命初の首位

    日本経済新聞社グループ「日経ウーマノミクス・プロジェクト」と働く女性向け月刊誌「日経ウーマン」は「企…
  2. 2017-3-1

    就活さらに短期決戦 採用活動きょう解禁 インターン定着 説明会前倒し

    ​経団連加盟企業の会社説明会などの採用活動が1日解禁され、2018年春卒業予定者の就職活動が本格的に…
  3. 2017-6-5

    出生数 初の100万人割れ 16年、出生率も低下1.44

    厚生労働省が2日発表した人口動態統計によると、2016年に生まれた子どもの数(出生数)は97万697…
  4. 2017-2-28

    4.生命保険営業の役割と存在意義とはなんでしょうか

    1.ニード喚起 私はかつて先輩から、「生命保険営業は断られることから始まる」と言われました。 …
  5. 2018-4-11

    社員に健康意識醸成 端末提供やポイント制導入

    生命保険各社が、社員の健康意識醸成に取り組んでいる。 健康経営を中期経営計画に盛り込む生保も増加。…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る