• このエントリーをはてなブックマークに追加

重い病気にかかるとどうなってしまうのかというと、「入院や療養による休職」や「配置転換」「時短勤務」などで働き方が変わることもあるんです。

さらには退職を余儀なくされることもあります。

重い病気にかかった場合、すぐには収入がなくならなかったとしても、治療が長引いたり、働き方が変われば、収入が減ることも考えられますし、さらには、それは生活水準の変化に繋がることになります。

スポンサーリンク


生活水準の変化を具体的にご説明いたしますと・・・、まずは、家計への影響があります。

重い病気にかかった場合、今までかかっていた生活費、教育費、住宅ローンなどの支出は変わらず、そこに病気のための治療費が新たに上乗せされてしまいます。

一方、収入はどうでしょうか。

今の健康なときの収入が安定していればよいのですが、収入が減ることが考えられます。つまり、家計のバランスが崩れ、徐々に家計が支出に大きく傾いてしまうのです。

さらに、貯蓄への影響もあります。貯蓄されるときには、何か目的を持ってされていることが多いと思います。

例えば、お子さまの教育費や、お子さまがご結婚されたときの結婚資金として。また、ご自身が老後を迎えられた場合のゆとりある生活を送るための貯蓄かもしれません。

その他にも、奥さまの大好きな趣味やご自身の大事な車やバイクなど、やりたいことの・欲しい物のために貯蓄されている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、家計が支出に傾いてしまうと、貯蓄を続けること自体が難しくなってしまいます。

十分な貯蓄がある場合には、貯蓄を取り崩していくかと思います。

その場合、貯蓄していた目的はかなえることができなくなり、将来の計画の見直しをしなければいけなくいなるかもしれません。また、十分な貯蓄がない場合はどうでしょうか。

スポンサーリンク


最悪の場合、生活を切り詰めることを余儀なくされます。病気や治療の不安もある中で、こうした「生活水準の変化」による経済的な不安は計り知れないのではないでしょうか。

こうした生活水準の変化に備えるために、自助努力が必要となります。

「保険に入っているから大丈夫」とお考えかもしれませんが、はたして本当にそうでしょうか?

病気や死亡に対する保険に加入されているだけでは、「重い病気による生活水準の変化」に備えることはできません。

どういうことかと言いますと、「医療のリスク」に対応する保険は、治療費を給付金で備えられる「医療保険」などで、「教育費・老後の生活費」には、必要な費用を保険金等で備えられる「学資保険」や「積立型の保険」など、「万一のリスク」は「死亡保険」などでご準備されている方が多いのではないでしょうか。

「重い病気による生活水準の変化に備える」という部分は、これらの保険だけでは備えることができません。

「罹患後の生活のリスク」の部分が抜けてしまっているのではないでしょうか。

重い病気による「生活水準の変化に備えられる保険」、そんなもの必要ない!と思われますか?それとも準備できるものなら、準備したいと思いますか?

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-31

    介護保険法改正に伴う被保険者への負担

    満40歳以上の方が毎月納める介護保険料。 介護を必要とする人が適切なサービスを受けられるよう社会全…
  2. 2017-10-30

    明治安田生命 シニア向け来月発売 医療保険、90歳まで

    明治安田生命保険は26日、最高90歳まで入れるシニア向け医療保険「50歳からの終身医療保険」を12月…
  3. 2017-9-4

    エヌエヌ生命 保険金額最大7億円

    エヌエヌ生命保険は、9月2日に中小企業経営者向けの「重大疾病保障保険」を刷新、これまで最大2億円だっ…
  4. 2017-3-3

    ④高額療養費

    医療費の自己負担が高額になるとどうなるか? 高額療養費制度というものがあります。 窓口での医…
  5. 2018-10-2

    円建て一時払い保険再開 日生、地銀など24行で販売

    日本生命保険は12日、金融機関を通じて販売する円建ての一時払い終身保険の取扱いを再開した。 ​低金…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る