• このエントリーをはてなブックマークに追加

1.公的年金制度の基礎知識  ③ 老齢基礎年金・老齢厚生年金

老齢基礎年金

国民年金は、20歳から60歳の40年間、保険料を払います。20歳から60歳まで毎月16,260円を支払います。40年間支払うと合計約780万円です。

スポンサーリンク


では今度はもらう番です。60歳になって「年をとったので老齢基礎年金をください!」と言っても、残念ながら原則もらえません。5年間は据え置きで、もらえるのは65歳からとなります。

いつまでもらえるのか?何と一生涯、終身なんです。

肝心の金額は、年間で780,100円です。多いと感じるか、少ないと感じるかは人によりますね。

実は同じような商品を民間の保険会社で加入すると…20歳の男性が40年保険料払って65歳から一生78万円もらえる商品です。

毎月の保険料はいくらになるか?おおよそ倍の3万円となります。

なぜ公的年金はこれだけ保険料が安いのか?簡単な理由です。税金が半分投入されているんです。

スポンサーリンク


よく「国の年金は当てにならないから国民年金なんか入っていないよ」という方がいますが、確かに色々問題はあるかもしれませんが、勿体無い話です。

私たちは国の社会保障制度を味方につけて提案することが必要です。

①このケースの場合、85歳まで生存したら累計でどのくらいの年金をもらえるでしょうか?約1,560万円ですね。たった780万円しか払っていないのに倍以上となりました。

②では95歳まで生存したら…約2,340万円、3倍です。

③「長生きすれば得だけど、もし66歳で死んだらどうなるんだろう?」

答えは78万円1回もらって終わりです。

④もっと悲惨なケースです。

頑張って60歳まで780万円払いました。で64歳で死んじゃった…そうです。何ももらえません。ここが民間の保険商品と異なります。

民間の保険商品であれば最低保証15年といったものがありますが、国の年金制度にはそのようなものはありません。あくまでも保険ではありませんので、注意してください。

年金の年額について、もう1つ重要なことがあります。年金をもらうためには、最低25年の保険料払込期間が必要なんです。(今後10年に変更になる予定)

学生納付特例制度

親の所得に関係なく、学生本人の所得が一定以下であれば届出1枚提出すれば、保険料を払う必要はありません。多くの学生は利用している制度です。

ちなみに老齢基礎年金のところで最低25年とありましたが、その25年には含めることができます。金額には反映しませんが、最低年数に入れてくれるのは助かりますよね。

老齢厚生年金

老齢厚生年金(月額)の計算

年収の平均/12×5.481/1000×被保険者年数

公的年金制度の概要

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/nenkin/zaisei01/

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-30

    家計の知恵 長生きで多く トンチン年金

    「トンチン年金」と呼ばれる新しい個人年金保険が注目されている。 あまり長生きできなかった場合は損を…
  2. 2018-3-13

    日生は総額300億円!大手生保が運用難でも契約者に還元する事情

    生命保険業界で今春、大きな焦点となっていた長寿化(標準生命表の死亡率の改善)に伴う保険料率の改定。 …
  3. 2017-2-21

    個人向け生命保険営業 目次

    個人向け生命保険営業  目次 はじめに「空中給油」 Ⅰ.生保営業マンとして特に必要なマインド …
  4. 2018-11-8

    エヌエヌ生命、中小の経営者に定期保険販売

    エヌエヌ生命保険は、一定期間内の死亡や要介護、身体障害を保障する定期保険を発売した。 自社の営業拠…
  5. 2017-3-9

    1.企業会計その(1)

    法人契約を取り扱うためには社長と話をしなければなりません。 また、税理士は法人案件の紹介元になった…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る